生活に役立つお薬の豆知識

現在、わが国、日本では多種多様の医薬品・お薬が販売、処方されています。ウィルスなどを予防するもの、不安を和らげるものなど、そ効果も様々です。このサイト「生活に役立つお薬の豆知識」では、薬を服用して回復した話、体験談を掲載し、いま病気などで悩まれている方への情報の提供を行っています。

薬を飲む上で、気をつけるポイント

飲み薬を薬局で購入したり、病院で処方されることがありますが、正しい飲み方をせずに誤った飲み方をしてしまう人がいます。

まず薬を飲む時には、コップ一杯の水か白湯で飲みます。これは薬を水で溶かして、吸収されやすくするためです。
水以外のお茶や牛乳、ジュースなどで薬を飲んでしまう人がいますが、薬によりこれらの飲み物と混ざることで、成分が変化して
しまったり、薬の効果が弱くなる場合があるので、要注意です。

また何を食べたかが、薬に影響を与える場合があります。
例えばバナナ、納豆は抗生物質や高血圧の薬に影響を及ぼしますし、揚げ物などは抗生物質や喘息の薬に影響を及ぼすことがあります。

新着情報の紹介

  • 男性にとって性生活の不調である「勃起不全(ED)」は恥ずかしい悩みではありません。勃起しやすい状態になるように働きかけることのできるレビトラは、その使いやすさから人気の他高い薬です。お得な価格でお薬を購入することができる情報ページはこちらです。

飲む時間や保存方法

薬を飲む時間ですが、薬の袋や外箱に書かれていたり、薬局で説明をされると思います。
食前は食事の30分前、食前薬は食事の10分前、食後は食事が終わったあと30分ぐらいを目安に飲みます。
食間は食事の前か食事の後2時間以内に飲みます。
薬によって時間が決められているのは、効き目が高くなるように、指示されているので、必ずこの通りに飲むようにします。

薬を保存する方法については、特に指示がない限りは、室温で保存していて大丈夫です。
日光や湿度が高いところは、避けるようにします。私もプロペシアを飲んでいますので、お薬の保存には注意をしています。
目薬など一部冷蔵庫で保存する薬がありますが、こういった場合には、医師や薬剤師から説明があるのが一般的です。

薬の期限ですが、薬局で購入した際には、外箱に書いてあります。しかしこれは未開封の時の場合であり、開封後には風邪薬は1シーズン、ビタミン剤、塗り薬は6ヶ月~1年程度、目薬は1~2ヶ月が使用期限の目安となります。

病院で処方された薬に関しては、5日分処方されたのであれば、その期限内に飲むようにします。
数日ぐらいであれば自己判断で飲むことは問題ないですが、数カ月後に飲むことは望ましくありません。

病院で処方される、薬局で購入する以外にも、一部がネット販売を解禁されていますが、効果や副作用についてしっかり判断して、自己責任で購入します。

薬については、医師や薬剤師にしっかりと確認をして、正しく飲むのが確実です。

お役立ち情報

  • AGA治療薬の最新の研究では、フィンペシアの成分であるフィナステリドの服用が最も評価されています。このフィンペシアは後発品のジェネリック薬ですので、リーズナブルに購入できるのも魅力です。
  • 薬は保管状態が悪いと変化しやすく、効果に悪影響を及ぼ場合があります・・・お薬の保管について
  • 雲のような座り心地!驚きのフィット感を持つ超話題の座イスのご紹介です。
サブコンテンツ

このページの先頭へ